« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

鳳凰山、稜線散歩!

7月25(金)05:30の食事で06:00に出発しました。

046 小屋の若人と、身体に気をつけて頑張ってね~!

047 快晴青空最高です。

048 砂地の急斜面を登ります。

049 オベリスクが近づいて来ました。

050 南アの燕岳ですな。

051 後ずさりしないよう、しっかり蹴りこみます。

052 遂に来ました、地蔵岳。

053 定番の場所で、やったね!

054 アサヨ峰と甲斐駒ケ岳を望みます。

055 オベリスクの肩を目指します。

056 三点確保実習編です。

057 頑張って!

058 肩からは白根三山がバッチリです。

059 肩のゴール!

060 岩峰を直下から眺めます。

061 慎重に下りて行きます。

062 三点確保で。

064 満足の三点確保実習編。

065 最高峰、観音岳を目指します。

066 オベリスク後方に見えるのは、

067 八ヶ岳の主峰、赤岳です。

068 花崗岩帯の砂地を歩いて行きます。

069 北岳。

070 オベリスクがあんなに遠くに。

071 甲斐駒ケ岳をバックに、歩きます。

072 世界遺産、富士山。

073 遠くは聖岳、笊が岳が見えました。

074 観音岳山頂の岩庭園。

075 地蔵岳オベリスクと甲斐駒ケ岳。

076 八ヶ岳遠望。

077 白根三山(右から北岳、間ノ岳、農鳥岳)。

079 鳳凰山主峰観音岳山頂。

081 目指す薬師岳と富士山。

082 喜びはハグ!ですな。

083 薬師岳への稜線散歩。

084 薬師岳山頂、白根三山をバックに。

085 青々としたナナカマドの木々と白い花。

086 綺麗ですね。

087 花も満開でした。

088 下れば下るほど猛暑が近づいて来ます。2200m付近、御座石。

089 大きい石ですな。

090 熱風にさらされながら最後の河原に下山。

091 我慢できずに水をかぶりました!

092 皆さんは手だけかな。

001 青木鉱泉でサッパリしましたが、汗は出る出る。入浴後はもう飲むしかないですよね、美味しいお蕎麦もいただきました。

最高の天気に恵まれて梅雨直後の猛暑から一時的に逃げられました。またどんどん都会の猛暑から脱出してください。お待ちしています。Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドンドコ沢から鳳凰小屋へ

7月23(水・前泊)~25(金)南アルプス鳳凰山を一番きついコースから登り一番きついコースから下る企画に挑戦です。

002 前泊の青木鉱泉。夕食は心のこもったものでした。

003 前夜祭、乾杯!明日は頑張りましょう。

7月24(木)急登、急登としか書いてない、とは参加された方の談、でも沢沿いを登り見どころいっぱいでした。

004 朝食06:30に取り、07時過ぎに出発です。

006 沢沿いなのであちこちに沢や小滝が現れます。

007 苔むしている沢の登山道。

008 多少の岩場も存在します。

009 一つ目の南精進ヶ滝、上部の滝30m、下部の滝20m位あるでしょうか。

010 こちらは下部。

012 滝をバックに。

013 渡渉も多いですね。

014 ザックを置いて目指したのは、

016 二つ目の滝、鳳凰滝、奥に見えるのがそうです。

018 右と左、白い羽を広げていますね。

021 ここら辺が一番よく見えました!

022 3つ目の滝は、

024 白糸の滝です。

025 水が足りなくなってきたところで、冷たーい美味しい水補給、沢沿いの登山道ならではですね。

026 この日一番圧巻だった五色滝。

028 滝壺より、涼しい~。

029 時々降りかかる水しぶきが気持ちよかったですね。

030 ここから離れたくない一同でした。

033 光り輝く五色滝。

035 標高差、90mはありそうですね。

037 やっと地蔵岳オベリスク(岩峰)が見えてきました。

038 明日はあの岩峰を間近で見ます。

039 森の中にはチョウノスケソウがいっぱい咲いていました。

041 なんとアツモリソウが小屋の花壇にありました。

042 もう終わりですが見られてラッキーでした。

043 小屋の前のテラスはいつも快適です。

044 対岸に渡るとこんな感じ、かわいい小屋です。

045 夕食は特製手作りカレーライス、ついつい食べ過ぎちゃいます。でも明日への活力になりますね、頑張りましょう。Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

日本最北の地、稚内観光

6月28(土)朝03時から明るいと5時にはもうかなり日は高く上がり、寝ていたくても起きてしまう、そんな日々も今日で終わり。

204 朝は08時から空いている市場に行きました。

205 地面には何やら高そうなものが、

206 這っていました。

207 盛況ですね。

209 JR最北端の駅、新しくなったばかりの稚内駅。

210 観光タクシーで稚内公園に行き、高山植物を満喫しました。

211 稚内公園からの眺め。

212

213

214

215

216

217 標高200mで高山植物がたくさん見られました。

218 氷雪の門の丘。

219

220 地元の方々が植えたアルメリアが咲き誇っていました。

221

222 南極で活躍したタロジロの樺太犬の碑。

223 樺太ロシアとの国境で最後まで前線に残り電話交換手として命を遂げた7名の碑。

225 いろいろな思いの詰まった氷雪の門。

226 昭和天皇ご夫妻も歌をお読みになられたんですね。

227 樺太の見えるこの地に碑は建てられました。

228 ノシャップ岬。日本で2番目に高い灯台。

229 最後まで利尻富士は姿を見せてくれました。

231 なかなか来られない北海道最北端の山旅、充実しましたね。

232 稚内と言えば北防波堤ドーム。

233 涼しいです。

234 機関車車輪の向こうはフェリー乗り場。

235 空港近くにもこんなに自然が残っています。

236 さすがに稚内もちょっと蒸し暑かったです。

237 空港ではカーリングの小笠原選手とかも見かけたりして。稚内上空は晴れ、でもすぐに雲に覆われて、羽田空港までずーっと雲の中でした。

 まさに梅雨から逃げて北海道最北端を満喫しましたね。都内三鷹では雹が流れている映像も見てビックリでした。まだまだ梅雨空が続きます。皆さん気をつけて山に参りましょう!Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島観光から稚内へ

6月27(金)利尻登山で皆さん、筋肉痛になり、礼文のゆったり歩きで筋肉をほぐした翌日はレンタカーを借りて礼文島をくまなく回りました。

160 04:33すっかり陽は上がっていました。

163 ガスと強風の礼文最北端スコトン岬、寒くて震え上がりました。

168 海も荒れ気味かな。

169 日本で一番北にある宿でしょうね。すごい所に立っています。

170 皆さんは寒いのでコーヒーを私は昆布ソフトをいただきました。

171 澄海岬へ移動。  

172 ここも寒いです。

173 断崖の岬です。

174 エゾカンゾウがここにもたくさん咲いていました。団体さんがいっぱい来ました。

175 ここは晴れ渡っています。植物園に観に行ったものは。

177 礼文アツモリソウです。

176 小さくってビックリ。

178 ユリとエゾカンゾウ。

179 雑草の外来タンポポ。

180 利尻富士が今日も姿を現してくれました。

181 レブンソウ。

183 地蔵岩を見に行きましたが、なーんにも見えず。

184 海で巻貝を拾いました。

186 そうこうしているうちに少し霧が晴れて地蔵岩が見えました。

188 海岸沿いに咲く花、ピンクとブルーの綺麗な花です。

189 あ~、桃だぁってどなたかが言いましたが、まさに下から見ると桃の形に見えました。

190 猫岩。

191 昨日歩いた稜線が見えてきました。

192 桃岩から地蔵岩方面も見えてきましたね。

193 昨日歩いた稜線を見上げます。

194 桃岩をバックに。

196 もうこれが今回最後の海鮮とばかりに奮発しました!

197 フェリーの旅もこれが最後です。

201 利尻富士も離れて行きます。

202 最後は宗谷牛とスペインワインで豪華晩餐でした。

203 一番小さいのを頼んだつもりが、ほかの皿からもまわってきて…、もう入りません。明日1日楽しんで帰りましょう!Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

利尻島から礼文島へ

6月26(木)日本最北端の島を巡る山旅。中日は利尻島の観光と礼文島の散策をしました。

091 白い恋人(チョコレート)のパッケージはここからの利尻富士でした。残念ながら見られませんでした。

094 ハマナスが咲いていました。

095 ここの売店でお土産をかなり買い込みましたね。

097 海辺に咲くエゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)。
098 比較的波が荒い今日の海です。

099 波高し。

101 あまりそっちに行かないで下さいよぉ~。

102 バフンウニ。

104 ハマナス。

105 コマドリ、鳴き声がかわいかった。

106 リシリヒナゲシ。

107 島の半分は快晴です、凛々しい利尻富士。

111 九州福岡から来られたご夫妻と旅館富士のオーナーさんです。

113 皆でミルピス(ミルクとカルピス)を飲みました。

117 最後は姫沼から利尻富士を堪能しました。

119 フェリー乗り場からの利尻富士。

120 怪しい雲がかかります。

121 あ~、礼文島はガスの中ですね。

122 桃岩散策道の知床登山口。

123 上り始めてすぐに利尻富士が見えました。

125 4日ぶりに礼文から見られた利尻富士をバックに!

127 気分の良い散策道です。

128 これからみられる花が表示してありました。

129 礼文島からの景色は最高です。

130 レブンソウ。

131 結構暑いです。

133 チシマフウロとキンポウゲ。

135 登った利尻富士を眺めながらの散策は最高ですね。

136 礼文の北側も雲が取れてはっきり見えて参りました。

137 灯台と利尻富士。

138 定番のシャッター姿。

139 利尻のポンポン山も良く見えています(左下)。

140 礼文って以外にも断崖絶壁。

141 

143 キンバイの仲間。

144 ヨツバシオガマ。

145 急峻な礼文島の海岸線。

146 これが桃岩。

147 眺め、最高!

149

150 レブンコザクラ。

151 整備されているところもありました。

152

153 

154

155 桃岩。

156 桃岩展望台に到着。ここから港まで歩き、3時間半歩きました。

157 旅館はな心の部屋から見る利尻富士。

158 人間ドックではありません、夕食です。

159 今日も美味しいご夕食。お風呂も露天もあって落ち着いた良い宿でした。明日も晴れますように!Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »