« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

天気持った!八ヶ岳横断。

9月30(日)朝は秋晴れそして台風による雲海の中赤岳から阿弥陀岳を越え、長い御小屋尾根を美濃戸口まで歩きとおしました。

074 秋晴れと富士山。06:20

075 大雲海!

076 頂上直下の下り。寒そうですね、ではなく寒いのです。06:24

077 雲海に浮かぶ、日本一の高峰と第二の高峰・北岳(右)。

078 赤岳クサリ場の下り。06:35

079 目指す中岳(手前)と阿弥陀岳。06:38

080 赤岳をバックに、慎重に下ります。06:50

081 横岳と大同心をバックに。07:01

082 中岳山頂。07:11

083 阿弥陀への梯子の登り。07:37

084 ルンゼを詰めていきます。07:41

085 素早い雲の動きに見え隠れする赤岳をバックに最後の登り。07:49

087 阿弥陀岳2805m山頂。08:02

088 素晴らしい赤岳の眺め。08:10

089 富士もまだ見えています。

090 阿弥陀から八ヶ岳全山を眺めます。08:11

091 阿弥陀直下のクサリ場。08:20

092 クサリロープはここで終了。

093 諏訪の街を眼下に見下ろして。

094 阿弥陀も名だたる岩の山ですね。

095 ザレ場を下ります。08:31

096 目の前に影阿弥陀岳が写っています。08:33

097 良く見ると…。

098 人の姿。08:39

099
 ブロッケン現象です。08:40

100 みんなで大手を振ります!

この後は美濃戸口まで赤岳山頂から5時間半。12:00ちょうどに美濃戸口に到着。でもそこですでに中央本線あずさが不通になっていることを知らされ、お風呂に入る間もなく富士見駅から皆様鈍行を乗り継ぎ、急ぎ12:59発の甲府行にて首都圏に向かわれました。富士見も14:00から大雨になり、今回はつくづくラッキーな天候に恵まれました。

次回歩きにすとプランは来週の八幡平・岩手山大縦走。再来週は上州・皇海山と続きます。お楽しみに。Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主峰赤岳登頂、アラウンドIN赤岳

9月29(土)~30(日)台風17号の接近する中、さすが台風と言える素晴らしい景色が我々を魅了してくれました。

043 高曇りの赤岳山頂。風が結構ありました。皆さん元気に到着です。16:25

044 貸切山頂!16:28

045 体操の後、360度の景色を満喫しました。17:18

046 赤岳頂上をバックに。北ア白馬・剣・立山・穂高・妙高・浅間・乗鞍・御嶽・中ア・甲斐駒・仙丈・白根三山・金峰と素晴らしい景色を満喫しました。17:27

047 本日は2回目の夕食です。暖かい夕食を戴きました。18:00

9月30(日)朝は暖かく静かな頂上小屋でした。

051 外に出ると満月が。本日は中秋の名月(朝版)です。05:01

053 今晩は台風で見られないでしょうからね。05:03

054 夜が明けてまいりました。

056 台風雲海かな。05:11

058 もうすぐ朝日の出です。雲が綺麗。05:30

059 朝日に見入るご一行。

060 陽が上がりました。05:41

063 手前にうす雲がかかっています。手前の雲を強調して撮ってみました。05:42

064 上空の雲を強調して撮ってみました。

065 手前の雲が一瞬なくなりました。

066 小屋のテラスから雲の合間に見えた日本一の山。05:45

067 富士山。05:46

068 雲上のレストランで暖かい朝食です。05:48

069 まぶしくて目を守るOさん。それだけ晴れているってことですね(笑)。05:53

070 再び赤岳山頂、富士をバックに。06:19

072 富士ポーズ。

073 やっぱりいいですね!

今日も長丁場です。頑張りましょう!Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤岳・阿弥陀岳八ヶ岳横断縦走!

9月29(土)八ヶ岳主峰赤岳と阿弥陀岳に一番きついコースから登り、一番きついコースへ下りる最難ルートで挑戦してきました!

008 美しの森駐車場からまずは木道を歩きます。09:51

009 なんなく美しの森山1542mに到着です。後方は権現岳。09:57

010 権現岳と今から目指す牛首山(右)。10:03

011 羽衣の池に到着。10:23

012 2時間森林帯を歩き、はじめて開けた岩場。12:16

014 牛首山2280mからの権現岳。12:51

015 目指す主峰赤岳2899m。左岩峰は天狗岩。13:17

016 本日宿泊の赤岳頂上山荘もはっきり見えますね。13:34

017 青空がとっても綺麗。13:39

019 小屋は間近に見えるんですが…。14:02

021 天狗尾根天狗岩。14:02

022 紅葉が綺麗ですね、山はいつの間にか色づいていました。14:13

023 歩いてきた真教寺尾根と富士山。14:19

024 富士遠望。左下は茅ヶ岳。

025 急登に入ります。15:08

026 天狗岩をバックに。15:13

027 天狗岩と権現岳(左奥)。

028 急斜面の登り。15:20

029 クサリ場は三点確保で。15:22

030 どんどん確実に通過していきます。15:23

031 息を整えて(笑)。15:24

032 紅葉に囲まれて。15:32
033 歩いてきた真教寺尾根と県界尾根(左・山梨長野の県界)。15:36 

034 登ってきましたね~。15:43


035 もう少しです。

036 最後の急登。15:55

037 急登が続いて途切れません。16:01

038 急登を上がりきったところ。権現方面キレットとの分岐点です。16:03

039 岩場をへつります。16:08

040 明日目指す阿弥陀岳。16:10

041 山頂と頂上小屋が見えました。16:13

042 頂上に向けて正真正銘最後の急登です!16:22Yoshi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

奥只見の重鎮・荒沢岳1969m

9月17(祝・月)一つの棟を貸切でゆっくり寝かせて戴きました。

089 さぁ、早朝出発です。04:32

090 朝焼けが取っても綺麗。05:19

092 雲が良いですね。05:20

093 黄金色に輝いています。05:21

094 目指す荒沢岳です。05:33

095 越後駒にも陽が当たります。

096 木々にも陽が当たり活気づいていきます。05:42

097 岩峰前嵓が近づいて来ました。06:27

098 岩場の通過が連続します。07:04

099 奥只見湖をバックに。07:19

100 岩稜帯が続きます。07:20

101 中之岳(左)と越後駒ケ岳。09:35

103 山頂到着です。山頂は風が強くてすぐに汗が乾いてしまいましたね。09:36

104 昨日登った八海山八峰が尾根の向こうに遠望できます。

105 奥只見湖。09:37

106 佐渡島が見えているんですが、うっすらね。09:51

107 平ヶ岳。 09:52

108 未丈・浅草・守門・会津朝日方面の景色をバックに。09:56

109 頂上直下の岩場を下ります。10:02

110 そしてトラバース。10:07

111 前嵓岩峰を下山中。11:12

112 約1時間の岩場通過です。11:20

113 緊張の連続です。11:42

114 伝之助小屋が見えてきました。12:57

115 伝之助のご主人と。ありがとうございました。13:44

116 登った荒沢岳。かもしかの湯より。14:41

117 粗挽きコーヒーを飲んでから浦佐の駅に向かいました。14:56

 浦佐駅に16:15に到着しました。お疲れ様でした。暑くて暑くてとにかく大変でしたね。でも天気が良くて何よりでした。トヨダは浦佐に滞在し、明日から秘湯シリーズで再び銀山平と八海山に参ります。次回のアクティブは10月17・18で山梨百名山鶏冠(とさか)山。22・23で三つ峠体験。27日日和田三点確保2と続いて秩父槍ヶ岳です。11月には表&裏妙義もあります。12月には軽いアクティブ鍋足山もあります。ぜひお待ちしています。Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八海山八峰縦走~新開道

9月16(日)未明に雨がかなり降りましたが、朝は満天の星空と朝焼けが綺麗でした。

038 越後駒の影が綺麗です。05:09

039 この釜と蓋で炊いているそうです。05:16

042 越後駒から陽が上がりました。05:35

044 ほとんどの方は越後三山の縦走らしく、朝早く出発していきました。06:11

045 地蔵の前の写真スポット。06:22

049 この岩尖をバックに撮りました。06:29

050 地蔵への登り。06:39

051 難なく山頂です。06:42

052 お地蔵さんがいらっしゃいました。06:43

053 小屋は眼下です。

054 影八海山。06:45

055 八つの峰を越えていきます。06:55056 目指す大日岳の岩峰。06:56

057 岩を攀じります。06:58

058 きわどい下り。07:01

059 そして登り。07:17

062 眼下には越後湯沢と六日町の街並みが見下ろせます。07:23

063 急峻な岩場を下りたり登ったり。07:32

064 涼しい朝、快適に歩きます。07:43

065 摩利支天。07:44

067 ハシゴと鎖を登ると。07:56

070 八海山最高峰大日岳山頂。08:14

071 下りは結構急。08:19

072 後ろに見えるのが大日の下り。08:25

073 分岐までさらにクサリ場。08:27

074 入道岳1778mを往復しました。08:55

075 入道からの大日の岩峰。08:56

076 大きい中之岳と明日登る尖った荒沢岳(左)遠望。08:57

077 この迂回路までも難所です。09:37

078 ほらね。09:41

079 新開道も急斜面で、気合が抜けませんでした。09:48

080 見上げる八峰の岩峰。10:10

081 カッパ倉からの八峰。11:01

082 下山して車からの八峰。13:50

083 伝之助小屋の露天風呂。16:49

084 明日登る荒沢岳の概略図。16:57

085 山の幸いっぱいの夕食でした。17:28

086 美味しくいただきました。17:30

088 夜は山談義で花が咲きました。19:08

 明日は長丁場荒沢岳です。明日も暑そうなので水は2.5リットル持ちました。標高750m、窓を開けて寝てちょうど良かった夜でした。Yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修験者の山・八海山

9月15(土)今日目指す八海山。すでにここ浦佐駅前は30度の猛暑でした

001 暑い~、来るところ間違えたかなぁ~。07:36

003 一番険しい屏風道を目指すお三方。09:48

004 屏風道から八海山を目指します、この道は上り専用、下り禁止の道です。09:50

005 修験者の道を彷彿させる道祖神。10:28

006 清滝の最後の水場。10:49

007 とにかく岩場と鎖場が続き、写真がなかなか取れません。それに触る岩場や鎖が熱いくらい気温が高いです。11:28

008 だいぶ上がってきましたね。

009 すばらしい暑さと景色です。11:30

010 30分に一回休憩し、水分補給に努めます。12:02

011 緑に覆われた岩稜帯。12:12

012 岩場に現れる日陰とたまに吹くそよ風が唯一の救いです。13:30

014 炎天下の岩場です。13:42

015 ルンゼも登ります。14:20

017 空は秋なんだけどなぁ~。15:11

018 まだまだ岩場を登ります。

019 最後の岩場を越えていきます。15:16

020_2 巻機山も今日は暑そうですな。15:17

021 やっと小屋が見えました。15:19

022 千本檜小屋到着です。15:35

023 小屋から目の前には越後駒ケ岳が。15:44

024 夏雲も発達しています。16:32

025 右奥は中之岳です。

026 連休初日で小屋前はにぎやかです。

027 でもギュウギュウではなく良かったです。16:40

028 夕食はシンプルカレー。でも薪で炊いたご飯は最高に美味しかったです。16:59

029 夕陽は最高です。17:26

031 空も綺麗ですね。17:29

033 やはり雲がないとね。

034 太陽は沈んだかなぁ~。17:38

035 ありゃ!17:38

036_2 まだ沈んでいませんでした(笑)。17:55

今日は豊田はじめ皆さん大汗をかき、500円するペットボトルの水・ジュースなど皆さん一人4本は購入しました。でも冷やしてあって最高に美味しかったですね。明日も暑くなりそうです。Yoshi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »