2019年8月30日 (金)

針ノ木雪渓~針ノ木岳~平の渡し~五色ヶ原~室堂

7月31~8月4日

021_20190830184901針ノ木雪渓ではニッコウキスゲが出迎えてくれました。

024_20190830184901この雪渓までたどり着くのがまず大変。

030 針ノ木峠にやっとこさ到着。

032_20190830185001 石楠花がまだ咲いていました。

039_20190830185001針ノ木岳から見下ろす黒部湖。

043_20190830185001 ウスユキソウ。

045_20190830185001ミヤマクワガタ。

056_20190830185001針ノ木峠~黒部湖へ下るとすぐにキンポウゲの群落が現れました065_20190830185001なかなかの沢下り。

069_20190830185001 オオバギボウシの群落。

075グンナイフウロ。

080_20190830185201対岸に大きく聳える龍王岳、明日はあそこまで上り返します。

087_20190830185201平らの渡し舟、2時間に1本で、日に五回あります。

095_20190830185201小屋で出迎えてくれたモモ。フレンドリーなのに必ず噛み付くそうです、危険!

112オオシラビソの松ぼっくり。

123_20190830185301五色が原のコバイケイソウ。

124残雪とコバイケイソウはアルプスを感じさせますね。

127_20190830185301ピンクのチングルマ、ありました。

136_20190830185301 獅子岳から鬼岳、龍王岳へと上ります。

138

龍王岳、奥は雄山主峰です。室堂まで13時間かかりました。8月3日、どこも超混みのこの日、天狗平山荘で風呂に入り、ひとつの布団でゆっくり寝られました。Yoshi

 

 

| | コメント (0)

龍王岳東稜線

054_20190830170801 一の越を越え、東一の越方面に向かいます。

055_20190830170801龍王岳。

061_20190830170801今年も例年通りの残雪でした。

069_20190830170801東稜登攀。

073_20190830170801昼には龍王岳頂上に抜けました。

078_20190830170801コバイケイソウを真上から映してみました。花火みたいです。

080_20190830170801 富山県警山岳警備隊と写真が撮りたいとリクエストがありましたので、お答えしました。13時には戻ってきたので、警備隊もびっくりの早さでした!Yoshi

 

| | コメント (0)

立山三山

 

7月22~25日 2日目に雨に阻まれましたが、逆コースで立山を回ってきました。

008_20190830165101 岩峅寺の雄山神社、立派な神社で豊田も初めて行きました。

011_20190830165101芦峅寺の雄山神社。

012_20190830165101別山への稜線で現れた雷鳥(雄)

017_20190830165101別山からの剱岳、そろそろ梅雨が開けるかな。

019_20190830165201別山からの下り。

040_20190830165201雄山神社峰本社に到着です。7月から9月の中旬までしか営業していないので一番御朱印がいただきにくい場所でもあります。

038_20190830165501雄山峰本社、3003m。

042_20190830165201室堂へ降りる道際、チングルマがたくさん咲いていました。

048_20190830165301今年はピンクのチングルマが少ないですね。Yoshi

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

五箇山と大牧温泉

6月18(火)~20(木)

009_20190624212301

富山南砺市の散居村展望台。素晴らしい散居が数多く点在しています。

011_20190624212301

世界遺産五箇山合掌集落の与茂四郎さんにお世話になりました。

015_20190624212301

地元の氏神様にお参りです。

018_20190624212301

028_20190624212401

ドイツのカップルとカナダの学生さんと一緒に夕食です。

035_20190624212401

与茂四郎さん、ありがとうございました。また人形山に登りに参ります。

037_20190624212401

白木峰のササユリ。

038_20190624212401

モリアオガエルの卵が木に多くぶる下がっていました。

042_20190624212401

早めに大牧温泉に到着です。

058_20190624212501

雨晴の義経岩と氷見線。

060_20190624212501

義経岩はなかなかの急斜面。

066_20190624212501

万葉集の大伴家持像。

064_20190624213701

二上山の大鐘。

067_20190624212501

高岡の大仏。

072_20190624212501

一宮射水神社。

074_20190624212601

国宝瑞隆寺をゆっくりと説明付で回りました。

081

素晴らしい寺院でしたね。

082_20190624212601

前田利長の御廟の前ではたまたま子供たちによるお祭りが行われていました。Yoshi

| | コメント (0)

鶏冠山・甲武信ヶ岳

6月21(金・前泊)~23(日)

001_20190624205701 

西沢渓谷から見あげる鶏冠山(とさかやま)。

002_20190624205701

渡渉から始まります。

006_20190624205701

つつじがまだ咲いていましたね。

008_20190624205701

第二岩峰の登り。

011_20190624205701

立ちはだかる第三岩峰への岩稜線。

012_20190624205801

岩稜線縦走。

014_20190624205801

核心の第三岩稜の登り。

017_20190624205801

石楠花もたくさん残っていました。

018_20190624205801

020

石楠花のジャングルを掻き分けていきます。

021_20190624205801

023_20190624205801

木賊山(とくさやま)への最後の登り。

025

朝食前に百名山甲武信ヶ岳の山頂へ。八ヶ岳まで見えました。

026_20190624205801

甲武信小屋支配人さんと、お世話になりました。また来ます。Yoshi

 

028_20190624205801

 

 

| | コメント (0)

尼が禿山と玉原湿原

6月11(火)12(水)

003

雨が小降りだったので尼が禿山に初日に登ってしまいました。

006

道路沿いですが新緑美しい強清水の滝。

014_20190624204201

ブナの木と蝉の抜け殻が多く見受けられました。

019_20190624204201

孵化したばかりの蝉。

022_20190624204201

コバイケイソウの群落。

023

028

ワタスゲ。

 

040_20190624204201

名刹吉祥寺の庭園。

041_20190624204301

クリンソウ。

042_20190624204801

珍しい黄色のオダマキ。yoshi

 

| | コメント (0)

浅間隠山

6月7(金)浅間隠山の登山口まで行ったらつつじが余りに綺麗で思わず歩いてきました。

062_20190624203401

061_20190624203401

雨にもかかわらず皆さん元気に歩きました。

060_20190624203401

059_20190624203401

058

メインは乳白色の万座温泉になりました。yoshi 

 

 

| | コメント (0)

九州阿蘇祖母九重

 

5月28(火)~31(金)九州阿蘇が噴火のため登れなかったので鍋ヶ滝に行きました。

016

017

018

095_20190624201401

北千里ヶ浜。

129_20190624201201

137_20190624201201ミヤマキリシマは満開のところをくまなく回りました。

145

平治岳(ひいじ)はなかなかの急斜面です。

156

161 

平治岳から坊ヶツルを見下ろします。yoshi

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

東北、氷上山、五葉山

5月13(月)~15(水)

010_20190624175001

氷上山から見下ろす海、晴れ渡りました。

015_20190624175001 

019八重桜も満開でした。

021牡蠣は旬で大きくておいしかったぁ。

022 鶴亀さんでいただきました。

034三陸の奇岩はすごいですね。

043_20190624175101 五葉山も晴れ渡りました。

064_20190624175101 徳千丈のつつじは凄かったです。

056_20190624175101 また参りましょう。yoshi

 

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

鹿島槍ヶ岳登頂

5月5(日)早朝出発で山頂を目指します。

040 

045 朝陽が剱岳にあたります。

047_2雷鳥がぷくぷくです。メスです。

052_1

053_2鹿島槍ヶ岳2889m登頂です。

054_2 剱岳2999m。

059_1雷鳥は山頂にもいてたくさんの雷鳥が縄張り争いをしていました。

061_1

063_2大きなクレバス(雪庇)が多く見受けられました。

066_1こんなお散歩ルートもあります。

070_1冷池(つべたいけ)山荘に戻ってきました。

072 雪山は登りより下りが大変です。無事に下山し上原(わっぱら)の湯で汗を流しました。

お疲れ様でした。Yoshi

 

| | コメント (0)

«扇沢から爺ヶ岳へ