太田昭彦のときどき街便り

2017.04.17

川越散策

突然時間に余裕が出来たので、事務所から徒歩で川越氷川神社の
お参りに出かけました。

若い女性や中国の人にも人気があり、平日でも結構賑わっていました。
氷川神社の裏手には新河岸川が流れていて、桜並木が素敵な歩道が
続いています。

今日はすでに桜も散り時を迎えていましたが、川面に浮かぶ花びらも
なかなか情緒があって、いいものだなぁと思いました。

2017041715560000_2

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|

2017.04.10

桜のトンネル

満開の桜を見ると、凄いな~と思わず粒やいてしまいます。

東京周辺では、まさに見頃となった8日、9日の週末は残念ながら
sprinkleとなりました。

自分は二日間とも筑波山を歩いていましたが、この山に祀られている
イザナギの命にとってはとてもいい禊の雨となったせいか、山はとても
良い気に満ち溢れていました。

そして今日が桜の見頃としては今シーズン最後かなと思い自宅近くの
サイクリングロードを歩きながら、駅へと向かいました。

見上げるとまさに桜のトンネルが頭上を覆っていました。少し気が早い
のですが、来春こそは桜の追っかけをやってみたいと思っています。

関東、東北、北海道と、勿論会員の皆さんとご一緒に追いかけてみたいですね。


2017041011500000

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|

2017.01.04

新春に想ったこと


新春早々文京区にある、石川啄木終焉の地を訪ねました。26歳という若さで
肺結核でその生涯を閉じることになったのは本当に残念ですね。添付の歌はその
時に啄木顕彰室で見つけたものです。まさに今年の正月にぴったりの歌ですね。

日本には古来より言霊信仰があるのは、ご存知の通り。どうせなら今年は良い
言葉をどんどん口に出して欲しいと思います。それによって自分が、
周囲の人が、日本が、世界が、良くなっていくのなら、それは素敵な事ですよね。

2017年は1日ひとつは良い言葉を口にすると、太田は決めました。
誰も聞いてなくてもいいんです。自分とお天道様が聞いていればsun
2017010311190000


| | コメント (0)
|

2016.12.14

石神井公園ノルディックウォーキング

13日火曜日。
大泉学園~石神井公園までをノルディックウォーキングして来ました。


ただ歩くだけに比べてポールを着ので、上半身も鍛えられて、
消費カロリーが20~30パーセントもアップするという優れた運動法です。


お陰様で天気も良く。途中で目にした淡いピンク色の10月桜や
白子川上流の澄んだ水のなかを悠々と泳ぐ色とりどりの鯉などを
眺めながらのウォーキングは癒しの一時を感じさせてくれました。


圧巻は石神井公園の池の中の立木でカメラマンたちの視線を
独り占めするカワセミ。鮮やかなブルーの羽が印象的でした。


また、徐々に終わりを迎えつつある紅葉もまだまだ見応えがあり、
初冬の1日を楽しみました。


太田と歩くノルディックウォーキング。次回はぜひご一緒に!!

20161213nw

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|

2016.08.16

お盆休み

16日火曜日。お休みを頂き、日本橋のアートアクアリウムを見に行きました。
スンゴイ人でしたが、金魚に癒されましたfish
Image

Image_2


Image_4


どうですか?少しは涼しくなりましたかhappy01

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|

2016.06.14

鎌倉便り

仕事で鎌倉に来ています。13日月曜日から15日水曜日まで鎌倉三十三観音をご案内させて頂きます。 紫陽花満開でとても賑わっています。写真はタイサンボクです。


Image_3

他にも沢山の花が咲いていましたが、特に素敵なのが紫陽花を抱えた長谷寺のお釈迦様。なんかいい感じ

Image_5

長谷寺にて
Image_6

クチナシの花

Image_9

宿泊はちょっと贅沢に鎌倉プリンスホテルです。部屋のテラスからの風景です。遠くに伊豆大島が見えているのがわかりますか?

Image_7

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|

2015.10.19

川越祭り(10月17-18日)

17日(土)~18日(日)にかけて、川越祭りが開催されました。

お天気にも恵まれて、とにかくスンゴイ人でした!

自分も18日は夜7時に原稿書きを切り上げて、見物に出かけました。
何せ祭りは夜が佳境ですからup

お陰様で夜ご飯は祭りらしく、牛串と博多焼きラーメンと秩父産の赤ワイン。
デザートは小倉の大判焼でしたnote
いや~満足満足good

2015101820370000

by 太田昭彦

| | コメント (0)
|