November 10, 2020

富士山五合目上からの初日の出

2020年の年末年始企画についてお尋ねがあったので、前回の初日の出の写真を再掲します。

富士山五合目の佐藤小屋からは位置的に初日の出は拝めないのですが、小屋から少しだけ上がると下記のような初日の出に出会える可能性があります。もちろん天候によりますけど・・・。

Hatuhinode

2017年の暮れは降雪があまりなかったので写真のような富士山になりました。寒いのはちょっと、と思う方は小屋のテレビで初日の出を拝めます。なお、8本爪以上のアイゼンと雪山装備(寒いので)が必要、ストックはダブルでお持ちになることをお勧めします。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2020

10月24-25日の箱根外輪山

久しぶりに晴天に恵まれた週末、箱根外輪山を歩いてきました。

GOTOキャンペーンで賑わいを取り戻した箱根にハイキング客も戻ってきました。

土曜日は朝は雲が多かったものの次第に青空が広がり始め、芦ノ湖西岸の富士山展望
公園からは少しだけ富士山が見えましたが、どちらかというと咲き競うりんどうや
かわいらしいマツムシソウ、意外と多いヤマラッキョウを楽しみました。

Photo_20201029152201 ヤマラッキョウ
翌日は間違いなく快晴が見込めたのですが、土曜日の山を下るバスは仙石原のススキ
や金時山を楽しんだハイカーで満員!途中のバス停で10数人の人たちが列を作って
いてもバスは通過!いつもの箱根の秋が戻ってきました。
そこで、展望のよい金時山や明神ヶ岳と違って展望がない地味な山から駅に下る
コースを歩くことにしました。
朝のバスは金時山や仙石原のススキに行く人でいっぱい。宮城野橋で降りる人
がいないのでひとつ先のバス停まで行ってしまいました。車道を経て登山口から
急登を1時間ほど上がると毎夏大文字焼が行われる大の字の跡に辿りつき、まずは
富士山の展望を堪能♪

Fujiyama-20201025
外輪山の縦走路になっている稜線に出て少し歩くと明星ヶ岳の看板があり、今回は
そこから塔の峰に下るコースを取りましたが、歩く人は少なく時折トレイルランナー
と擦れ違う程度。
時間的に下山するには少し早いのでそのせいかもしれません。そして、気持ちの良い
尾根道に咲くウメバチソウに癒されひたすら下ります。
Photo_20201029152301 ウメバチソウ

縦走路からの展望は時折小田原方面の海や丹沢が見える程度で、ひたすら下ると
林道の登山口へ。林道に出て少し舗装路を歩き、塔の峰まで15分という看板が
あると再び山道へ入り、まもなく塔の峰の山頂でした。
阿弥陀寺、そして塔ノ沢駅への下りと下りが続いてふくらはぎに疲れが出てくる
ころに駅に到着。箱根湯本駅の隣なので湯本駅まで歩けばよいのだけど、
復興した箱根登山電車にも乗りたかったのだわ(^^;塔ノ沢は無人駅だけど、
ICカードのオートチャージが出来るのはさすが箱根です。

湯本駅では地域振興クーポンを利用して駅弁とつまみを買い、早々にロマンスカー
に乗り込みに家路につきました。

久しぶりにふくらはぎが筋肉痛になりました(笑)

| | Comments (0)

July 27, 2020

梅雨明けはまだですが

Dsc_0614-1

この連休中、近所の公園でひまわりが咲き始めました。

西武園の打ち上げ花火も見たらしっかり夏気分です。

| | Comments (0)

May 18, 2020

アマビエさま

Dsc_0709

 

 

 

 

 

川越の和菓子店で販売している「アマビエ」さんです。

アマビエさんは半人半魚の妖怪だそうです。

疫病がはやったら「アマビヱ」を写して人に見せなさい。

その絵を見ると疫病が収まる、という言い伝えがあるそうです。

疫病退散を願います!

| | Comments (0)

May 17, 2020

外出自粛の日々(5月17日)- 登山再開の準備

日常と変わりないGWが終わり、相変わらず外出自粛の日々ですが、少しだけ先が見えてきました。

今年の富士山は吉田口の山小屋が営業しないと決め、それにともない五合目に行く道も閉鎖されることになりました。

富士山はともかく、他の山小屋はどうするのか?刻々と変化する情報に、どうやら営業する山小屋も装備がそれなりに必要になるかな、と思えてきて、昔使用したテントやシュラフ&マットを出して陰干しをして、久しぶりにテントを張ってみることにしました。

ここ何年も鍋やお汁粉山行のときにしか登場しない最も大きいザックにテントやシュラフを詰め、せっかくだからロープとカラビナ類を入れて重くして近所の公園へ。

近所の公園には多少の起伏があり、土や草の上を歩くことが出来るし、木陰にテントを張るだけの空間もあるので有難い。それにしても、久しぶりに重いリュックを背負って歩くと起伏を登りおりするだけで重さが身に染みる(^^;

無事にテントは張れたけど、耐用年数が限界かな?

Dsc_0707

 

 

 

ところで、山を歩くときにはマスクではなくランニングバフのようなものがいいらしいので、手持ちのネックゲイターで歩いてみたけど、これだと薄手過ぎるのかもしれないし、少しずり落ちてくる・・・。工夫が必要かな・・・。

Dsc_0705-1

夏山は↑のような感じの人がぞろぞろ歩いていることになる?

かなり怪しいよね(笑)

| | Comments (0)

«外出自粛の日々(4月28日)