March 07, 2019

東京都の自然環境ボランティア活動

久しぶりにブログの更新です。
見ている方は少ないかなぁと思いつつ少しだけ関わっている
東京都の自然環境ボランティア活動についてのご紹介です。


4月20日の高尾ビジターセンター主催
「都レンジャーと一緒に自然保全活動」の募集が始まっています。
希望者が多い場合は抽選のようですが、参加希望の方は
2019年度サポートレンジャー養成講座(ボランティア)が開催されます。
興味のある方は下記をご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2019

新年あけましておめでとうございます!

2019年どのようにお過ごしですか?
今年は5月に改元があるので1年に2回新年を迎えるような
感じでしょうか。
昭和から平成に変わったときは、昭和天皇の容態が毎日の
ように報道されて暗く重たいモードでしたが、今回は新しい
時代の到来というイメージでしょうか。
年越しを過ごした八ヶ岳は快晴!でも、寒かった~!
新しい時代、楽しみですね!

Dsc_0444

昨秋、箱根・明神ヶ岳から望む富士山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2018

9月の風景

天候不順の9月はひどい雨にならなければラッキー!でしたね~。
9月上旬の鳳凰三山、富士山は頭を雲の上に出し~♪で
なかなか素敵

Dsc_0405

9月下旬、標高の高い山からは雪の便りが届くようになった
ので北アルプスは見送って箱根やっぱり山と温泉が好き

Dsc_0413  イワシャジンと羅漢さん

Dsc_0414

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2018

北アルプス・黒部五郎岳(2018年8月11日~14日)

2018年8月、久しぶりに北アルプスに行ってきました。

単独で大きな山に行くのは骨折以来なので、今回は余裕の日程
にしたところ天候が悪かったのでそれが吉となりました。

川越の事務所を仕事を終えてから出て富山のホテルに前泊。
折立行きバスの乗車券とセットになったホテルだととても便利!

山の日前夜は旧盆の移動で高速道路が滅茶混みで、折立や
室堂行の夜行バスが遅延2時間だそうで、山小屋の混雑を危惧
しましたが、それほどではなかったのはお天気のせいかも。

朝の雨は午前中には止み、太郎平に到着したときには曇りながら
比較的展望もきき、これからの好天を期待したのですが、富山の
山岳救助隊の方によれば連日雨と雷に注意とか・・・。

翌日、黒部五郎岳に向かうと霧が少し晴れてきます。本当ならば
北アの雄大な展望が楽しめるルートですが、下を向いてチングルマ
がさぞや綺麗だったことだろう、と想像することにする(^^;

Dsc_0340

霧の中、黒部五郎への急登を終えると山頂まではあと少し
ちょっと展望が良くなったかと期待をしつつ証拠写真。

Dsc_0345

霧が少し晴れ視界が利くようになると、有名なカールに感動!
遠くに雲の平山荘が見える♪ここを歩くときに雨でなくて
良かった~と思いつつ、夕方は雷雨と聞いているので小屋に
急いだのでした。(到着後に降り出し、その夜は雷雨)

翌朝も雨と霧の中、停滞するほどの雨でもないので三俣蓮華
へと足を運んでいるとトランスジャパンアルプスの選手たちが
追い越していきます。先頭は午前2時頃に黒部五郎の小屋前
を通過したらしい。(最終日の松本行きのバスからもロードを
走る選手を見かけました)

雨なので鏡平小屋へ黙々と足を運んでいると数名のグループと
すれ違い、ツアーじゃなくてガイド登山かな?と思い見ていると
見覚えのある方が・・・。人も多いし、雨具でわかりにくく、少し
歩いてから歩きにすと倶楽部の上村さんちーむだと気が付く(笑)

鏡平への道では雨の中で高山植物を楽しみ、

Dsc_0353

花をついばむ雷鳥をしばし観察して気を紛らわすが
やはり雨の中を歩くのは残念・・・。

Dsc_0357_2

鏡平小屋にとっとの逃げ込み、太郎の小屋から同じ行程
だった方々と語らう。

そして、最終日の朝は素晴らしい日の出が迎えてくれた!
有名な逆さ槍穂高も楽しめて、今回の山行を締めくくる。

Dsc_0365

Dsc_0366

雨の中を歩いているときは、しばらく北アはいいかな?
などと思っていたけれど、やっぱり晴れるとまた来たくなる。

今度はいつ行けるかな♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2018

7月の花

今年は花の見頃が前倒しですが、素敵な花の群生に出会えました。

Dsc_0302

八ヶ岳のクリンソウ

Dsc_0319

野地平湿原のヤナギラン
8月も可憐な花たちに会いたいな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«キバナアツモリソウ